2018年 初めたばかりの仮想通貨で直ぐ儲ける方法は仕手・PUMPしかない

2017年は、仮想通貨元年。

仮想通貨を買って、持っているだけで儲ける事が出来た年でした。

特に草コインと言われる まだ目が出てない仮想通貨を目が出る前に購入して、50倍や100倍にしたり出来た年でした。

2018年1月のビットコイン暴落やコインチェックの事件などもあり、ビットコインやビットコイン建てにしてあるアルトコインの値段も乱高下しており、仮想通貨で儲ける・稼ぐのは難しい状況です。

私も仮想通貨を初めたのは昨年2017年12月(通称 出川組)ですので、今年の荒波をモロに受けております。

その中で少しでも儲ける・稼ぐが出来る様に、色々と必死で、Webを探し回りました。

スポンサーリンク

2018年 仮想通貨で儲ける・稼ぐ方法

結構な時間を掛けて、素人ながら儲ける方法として見えてきたのが、

ICOに投資・参加する

ざっくり言うと、仮想通貨やブロックチェーンの技術を使い計画段階で資金を集めて、それが上手くいった(上場など)場合には、出資者に多くリターンが来るという方法。

●メリットは当然、リターンが大きい事(10倍〜 )

デメリット

ICOに参加するにはある程度投資(資金)を入れないと行けない。

リターンが来るまで時間が掛かる(2〜3ヶ月)

計画自体がダメに(ゼロ円)なるリスクがある

時間がかかるし、ゼロ円になるリスクもあり、手持ち資金がある程度ないとダメだと思いました。

仮想通貨マイニング

採掘(マイニング)と呼ばれている手法です。

ざっくりいうとマイニングとは、仮想通貨・ブロックチェーンの技術は、色々な箇所にコンピュータでビットコインの取引をチェックし、送金情報を送った人が、そのビットコインの正しい保有者なのか、ビットコインを重複して使用していないか、などを検証ブロックチェーンという取引台帳に追記していく作業リターンとして、マイニングした通貨が配布される。

●ソロマイニング(一人でパソコンなどを使って検証などをする作業)
ある程度の知識とパソコンのスペックなどが要求される

●プールマイニング(組織として大規模に検証などの作業する)

●クラウドマイニング(マイニングへの参加をオンライン上で行う方法でクラウドマイニング運営会社に資金を出すだけで簡単に参加できるので特別な知識が必要ない)

この中で、唯一できそうなのが、クラウドマイニングですが、

●メリットは一度、マイニングに登録すれば、勝手に少量ながら通貨が増えていく

デメリットマイニングに参加するにはその通貨を先方に送付する必要がある

ある程度、マイニングする通貨を買って送らないと、全然増えない

初回の報酬までに時間が掛かる場合が多い(初報酬までに1ヶ月〜など)

その通貨自体に価値がなくなった場合は、無価値になってしまう

マイニング運営会社がマイニングを辞めてしまう、倒産してしまうなどのリスク

こちらもICOに参加するのと同様に、時間がかかるし、ゼロ円になるリスクもあり、手持ち資金がある程度ないとダメだと思いました。

アービトラージ(アビトラ)

アービトラージ(アビトラ)という手法も見つけました。

FXなどでは、良く使われる手法の様で、

取引所間の価格差を狙った比較的リスクの少ない方法です。

例えば、

Aという取引所でビットコインの価格が100万円だった時に
Bという取引所で、ビットコインの価格が99万円になる状況が発生します。

その際に、Bの取引所で、ビットコインを99万円で購入して、Aの取引所へ送金して、100万円で売却する事で、1万円(実際には送金手数料が引かれます)の利益が取れるという方法です。

●メリットはリスクが比較的すくない

デメリット

元金がある程度ないと全然儲からない

色々な取引所に資金を用意しないと行けない

情報に貼り付いていないと行けない

元金の少ない私には難しい手法でした….

草コインを買う

アルトコインの中で、1円以下の価値しかない状態の仮想通貨を通称「草コイン」と呼びます。

その「草コイン」が、色々な取引所へ上場したり、企業が採用するなどの情報があれば、当然 「草コイン」の価値が高騰しますので、「草コイン」を仕入れて、高騰時に売却する事で、高いリターンを狙う方法です。

●メリットは、もちろん 高いリターン(100倍や10000倍など)

デメリット

どの草コインを買う(仕入れて)良いか判断出来ない

草コインの将来性などいちいち調べて行くのは大変

草コイン自体が計画だけで、無価値になる事が割りとある

素人が判断するには、非常に難しく、TwitterやSNS、掲示板など情報を探しても、ギャンブルや宝くじに近い手法になってしまう。

※ Twitterで検索して、見つけた草コインを買ってみましたら、買った当初は多少値動きがあったのですが、全く売れずに塩漬け(売るに売れない)事もありました…..

仕手・PUMP に参加する

仮想通貨には、通称「仕手」、海外では「PUMP」と言われる方法でも儲けている人がいます。

LINEやTelegram(テレグラム/海外ではメジャーな通信アプリ)、Discord (ディスコード/ゲーム業界などではメジャーな通信アプリ)を使って、参加者を集め、

運営者が開始時間と、取引所(大体海外の取引所)と交換ペアのみ事前に発信して参加者に準備をさせる

時間になると運営者が通貨を発表

参加者が一斉にその通貨を買いにいく

チャートや取引額が急に上がる事で、外部の人間(通称イナゴ)が集まって(買いにくる)

タイミングを見て、高値で売り払う

何事もなかった様に元値くらいに戻る

●メリットは、仕手・PUMPのグループによりますが、2倍〜10倍まで一瞬で上がる場合も多く、上手売り抜けれれば、10倍近く資金を増やせる可能性がある。
一瞬で勝負がつく為、短期に稼ぐ事が可能。

デメリット

海外の取引所で行われる為、日本語に対応してない所がほとんどなので、操作に慣れが必要

色々なグループが色々な海外取引所を使うので、送金も大変(英語)

一瞬の取引なので、低値で買うのが大変(銘柄発表後10秒で通貨購入レベル)

低値で買えても売るタイミングが難しい

むしろ高値で掴んでしまって、元値より下がってしまい損をする

この仕手・PUMPという手法が1番 短期で稼げて、素人でも可能性があると判断したので、その後 必死に仕手・PUMPの情報を探し回りました。

仕手・PUMPは、法律違反では無いのか?

まず、仕手とは、非常にグレーな行為であり、法的にも判断が出来てない状態です。

株のような金融商品として法律で認められているものに対する仕手は、違法です。

しかし、現在の法律で仮想通貨はモノとして扱われているため、仕手に対して取り締まれる商材ではありません。

株式などの仕手で「風説の流布」という法律違反行為がありますが、風説の流布とは、金融商品取引法に含まれる法律の為、仮想通貨には、金融商品として認められていないため、法律の適応外にあたります。

しかし、法律の改正などにより法律違反になる可能性を否定出来ない行為ではありますが、海外の取引所で行われる場合は、法改正されても年締り自体が難しいと思われます。

仕手も含め、投資・投機は、自己責任になります。その点は十分に留意して下さい。

スポンサーリンク
レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ